日本一高いカニの缶詰

以前テレビで「日本一高いカニの缶詰」を紹介していました。
マルハニチロ食品が発売している「特選たらばがに脚肉詰缶詰」。1缶165グラムで13,000円!ということでした。

カニの足が4〜6本入っているということでしたけれど、1本あたり2,000円以上もします。そんな高い缶詰、自分で買うことは絶対ないと思いますが、どんな味がするのか食べてみたいです。

誰かプレゼントしてくれないでしょうか。でもどうせもらうのでしたら、13,000円分のタラバガニのほうがたくさん食べれて私としてはうれしいのですが・・・。


アラスカ産タラバガニの太くて長い「一番脚肉」だけを手作業で詰めているということでした。
アラスカ産のタラバガニは、流氷に多くついているプランクトンを食べて育つので、大きく、おいしいカニに成長するということです。

でも日本のタラバガニもおいしいですよ〜。


タラバガニは、「たら」と同じ場所に生息していることから「タラバガニ(鱈場蟹)」と名前が付いたと紹介していました。
初耳でしたけれど、言われてみれば、「あっ、そうか〜」と納得しました。